人と嗜好品の関わり方

口寂しさを解消

喫煙者しかわからないと言いますが、たばこはやめようとどんなに頑張ってもやめるのが難しいといいます。近頃は、日本でも禁煙がブームになってきていて、禁煙グッズの電子タバコが注目されています。爆発的に人気を呼び通販でもたくさん電子タバコが販売されています。電子タバコとは、専用のアトマイザーの液体を霧状にし、その微粒子を吸うことによってタバコの代わりとするものです。
カートマイザーだけで楽しめるタイプの電子タバコとタバコのように楽しめる使いすてタイプの電子タバコがあります。火事の原因で多いのがタバコだといいます。火事まで行かなくても、布団や畳を焼いてしまったことがあるという人は案外たくさんいるようです。電子タバコなら、火を使わないので安心して使うことができます。
喫煙習慣が長い人は、禁煙をすると口が寂しいと言い、することがなくて落ち着きがなくなるといいます。口寂しさを解消するために、過食に走る人も多いといいます。電子タバコはメリットがあり、従来のタバコと比べるとガンなどを発症する危険性が低い、タバコの節約になる、ポイ捨てなどがへり火による火災が少ないなどがあります。一度、電子タバコを使用してみてはいかがでしょうか。

電子タバコと紙タバコの健康リスクの違い

最近、紙タバコから電子タバコに切り替える人が増えています。紙タバコは、一酸化炭素やタール、ニコチン、ヒ素、アンモニアなど健康に影響の恐れがある物質が複数含まれています。喫煙者以外にも、副流煙によるリスクがある紙タバコですが、電子タバコにはニコチンが含まれている以外、タールなどを始め複数の物質が含まれていません。
電子タバコを吸う時には、紙タバコのような煙が出ない点と、少し水蒸気や煙が出てもその中に有害な物質がほとんど含まれていないので、受動喫煙による健康被害のリスクは極めて低くなります。含有物質の比較だけなら、紙タバコと電子タバコの健康に与える影響は、大きな違いがありますが、歴史の浅い電子タバコの為、細かなリスクはこれから分かる可能性もあります。
しかし、紙タバコを吸う時出る煙には、健康に与える影響の高い物質が含まれているので、有害物質が極めて少ない電子タバコに切り替える事は、喫煙者だけではなく周りの人にも配慮できるメリットがあります。また、電子タバコは初期購入費用を見ると、紙タバコより高くなりますが、トータルのコストを考えると、電子タバコの方が経済的という部分もあります。紙タバコから電子タバコに切り替える人が増えている理由には、健康に与えるリスクを考慮している人が多いのも一つと言えます。

Pick Up Contents

人それぞれの喫煙スタイル

More...

人と嗜好品の関わり方

More...

人体への影響を考える

More...

Post List

2017/08/22
人それぞれの喫煙スタイルを更新しました。
2017/08/22
電子タバコの実力を更新しました。
2017/08/22
人と嗜好品の関わり方を更新しました。
2017/08/22
人体への影響を考えるを更新しました。